スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1027】好きな言葉、避けたい言葉…6月6日


映画化に合わせた表紙カバーのようであるが、最近買った文庫本には、都築まゆ美さんというイラストレーターの優しい絵柄の作品が使われている。
上巻の感想だけリンク先に書いて、下巻については遅ればせ、先ほど下書きを書いていた。そこで「物語」というものについて考えていた。

アーヴィングの小説はとても読みやすい。時間軸を解体したり、人称を変えたり、語り手がうそをついていたり、作者の幻視がどんどんエスカレートしたりするといった現代的で実験的な小説ではなく、技法が古典的な「物語」で「おとぎ話的」世界だからだ。
ユニークな性格づけがされた人物が何人か出てきて、各々の人物が意外性ある運命を背負い、関係し合う。人気のテレビドラマを見るような気安さがある。しかし、気安いだけでなく、中にはものすごい場面がいくつか仕込まれており、読みごたえがある。中学生以下にはお薦めできない要素もあるけれども、高校生ぐらいからなら、どきどきしながら大人の世界を知るのにも良いかもしれない。
良い言葉、はっとさせられる言葉もいくつか含まれているし、他の文学作品についての言及もある。

「物語」という言葉がとても好きだ。
「どんな言葉が好きですか」という問いに対して人気がありそうなのは、「(今話題の宇宙実験施設)きぼう」「夢」「愛」「家族」などといったものだろう。
しかし、日本語として美しい響きと意味を持つ言葉は、他にも多い。
たとえば、朽木祥氏の素晴らしいファンタジー文学作品の題となった「かはたれ」「たそがれ」、ピーライ(コピーライター)のソネアキラ氏がボリス・ヴィアンの小説の題と同じものをブログのタイトルにしていて、そこに含まれる雅語「うたかた」、息子が最初に発語した「はっぱ」、書評家がなぜか好んで使う「あわい」、それから「みはるかす」やら「さやけさ」「いずこ」「むすぼれ」などといった言葉も良い。永遠を「とわ」と読むのも……。

「あまねく」という言葉も素敵だ。
遠い将来、移住して果樹園をやることにしている(笑)奄美大島の「奄」は、「すべて」という意味のある「遍(あまねく)」の当て字らしい。つまり「奄美」とは「すべてが美しい」という意味なのだという記述が『奄美 神々とともに暮らす島』(毎日新聞社)という濱田康作氏の写真集中の解説にあった。ノンフィクション作家の小林照幸氏の文章。

そういう中でも特に、「ものがたり」という言葉には感心してしまう。
英語だとstoryにstorytellingでしょ。もうニュアンスがまったく違うという感じがする。誰がこのような言葉を作ったのだろうかと感心する。
物を語るのは人間の特徴であり性(さが)であり、さらに言うなら、うまく物語れるのは限られた人びとだけなのだ。

逆に避けたい言葉は、『未亡人の一年』の書き出し4行に2回も出てきて、以下際限なく出てくる「セック○」という言葉で、小説でよく扱われる素材なので言及しなくてはいけないときは、「情交」「肌を重ねる」のように、ついつい言い替えを工夫する。
いやらしい人のことを「すけ○」と言うけれども、あれもダメで、そういった言葉をけろり口にしない方がよろしいという教育を昭和ひとケタの親から受けたことが大きい。
けれども、その割に「やばい」「たっぱ」「眼(がん)たれ」「ぱしり」「カツ上げ」などといった品のよろしくない言葉は平気で使う。ひとつひとつに理由づけめいたものはあって、自分なりの禁忌コードで判断しているのだが、バランスを欠いているという自覚はある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。