スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1068】雑記あれこれ…9月3~7日

◇「のび太くん、洞爺湖サミットに出てオリンピックにも行ってみたかっただけじゃないの」と、あの日、うちのタコ息子に言われていました。
福田のび太も、夏休み最終日にもなって母親にカラーコピーをさせ、自由研究をまだ完成させていない計画性皆無のヤツに言われたかないんじゃないか。

◇茫洋と夏を過ごしたタコの5年先がかなり気になっていて、「全国トップ1240高校調査・有名大学『現役』進学者数」という見出しの躍る「週刊朝日」をついつい購入(しかし、トップ1240って、全国に一体いくつ高校あるのよ)。
言い訳がましいが、請負仕事の1つのため、高校名をいろいろ知っておくことも有益なので……。
しかし、こんな週刊誌が増大号とはいえ350円するのか、今。
「今日から始める節約100の知恵」という特集記事もあったが、「やかんで湯を沸かすときは中火を使え」やら「量の少ない洗濯は手洗いで」やら、日頃から心がけるべき常識の域のことがもっともらしい内容に書かれており、「読むところねぇなあ」と思いました。

◇そんな受験記事が載った週刊誌を入手したのも、きのう(2日)少し刺激を受けたから。
お昼にカフェに入ってサンドイッチをつまんでいたら、斜め後ろの方にいる男性2人が割に声高く話をしていて、本を読むつもりがどうも集中できなかった。開き直って、聞こえてくる話は聞いていた。
声の様子から、何となくこちらと同年代かと取れ、「早稲田が」「慶応は」などと聞こえてきたもので、いずこも同じ、ママが集まってもパパが集まっても教育の話か、と思っていたら……。
「3人の子の、一番上の娘が浪人して医学部に入って……」
――キターっ! 高額所得者の自慢話っ!!!
話が転回の局面を迎えたので、俄然、興味が湧いた。
「まあ。娘が結婚したら、婿さんと娘で女房の病院は継いでもらって……」
――奥さんが女医っ。もひとつ高額所得者、キターっ!
それで相手が「先生」と呼びかけているので、何だこの辺のクリニックの医師か何かかと勝手に納得。
ちなみに私がその日、昼食を取っていたのは有楽町。
――銀座の開業医? キターっ!!!

それで、パンを食べるといつも口にくずがついていないかどうかを確認するのにコンパクトを出すのだが、それをやっているときに、「もしかすると、鏡をずらすと見えるか、こいつの顔」とひらめいて、ずらしてみた。
ばっちり射程角度でキャッチ。
お行儀、悪いですね、実に……。
声は若かったが、もう結構なおっさんの風貌であった。
話の様子から恰幅のよさそうな、高級鮨の食べすぎ、クラブで飲みすぎのメタボ系を想像していたが、げっそりとした面長、おそらく実際の年よりシワが多く刻まれた感じの壮年男性であった。
まあ、いくら夫婦で医師とはいえ、子どもが3人もいて、一番上が医学部に入ったんじゃあ大変だ。東大、並びに首都圏の国立大なら、文系の学費に上乗せすること数百万で済む。過疎地への赴任を覚悟するなら防衛大という手もあるけれども、それにしたって、教科書が1冊につき1万、2万単位、まとめて何十万という世界だ。地方国立ならば仕送り負担。私立医大のスタンダードは6年で3000万ぐらいという試算があるようだ。
本当にそうなのかどうかは分からないけれども、げっそりしたシワに人生で負うものの重みが刻まれているような気がして、妙に納得して店を後にいたしましたよ。
<この項つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。