スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1422】おもろうて、やがて物悲しき昭和


加太こうじ『紙芝居昭和史』は、紙芝居をめぐる加太の自伝でありながら、紙芝居人物列伝のような要素もあり、下記のような「まえがき」の結びから、もうどうしようもなく、時代が平成に移り変わったことが悔やまれる本である。

   この本を、紙芝居によって生きた青春時代のすべての仲間にささげる。
   紙芝居画家として名もなく死んでいった何人かの仲間にささげる。
   街々を拍子木を打ち鳴らし、太鼓をたたいて飴菓子を売り、紙芝居屋として
   子どもたちとともに一時期をくらした人たちにもささげる。
   また、紙芝居を好んだすべての人たちにささげる。
   すぎ去り、ほろびたものはなつかしいが、その過去の実体のなかから、
   これから生きることへの何ほどかの示唆を得ていただけるなら、
   この本を書く私としては望外のよろこびである。(p.ⅳ)

人物列伝部分には昨年11月末に亡くなった水木しげるが登場する。紙芝居の画家としてキャリアをスタートさせた水木の筆名の由来も紹介されている。
列伝に入る前に、「ゲゲゲの鬼太郎」がどういう紙芝居から派生してきたのかが分かる、古い紙芝居についての記述がある。

加太の記述を受けて、水木しげるの解説がある。
そこには、「紙芝居丸の沈没間際で、僕はかろうじて救命ボートに乗ったのだ」(p.322)と、貸本マンガをめぐる告白もある。
そこまで来て、彼らの日々と私の思い出がリンクする。
小学3年だった私は、住まいの近くの急な坂道をのぼったところにある貸本マンガ店に入りびたるようになり、怖いもの見たさに水木しげるの人面瘡の話など読み、夜に寝つけないような刺激を得てしまった憶えがある。

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。