スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1417】『じゃがいも畑』から考える「子どもの貧困」




貧困で食うや食わず、夜勤のある仕事で家計を支えるシングルマザーに育てられている
三人きょうだいの話。

2014年7月に厚生労働省より発表された、2012年の17歳以下の子どもの貧困率は16.3%と
過去最高。ひとり親世帯での貧困率は54.6%という日本の現実を考えれば、切なさは絵本の
中の世界に閉じ込められているわけではない。
私の身の回りにも今、そういう話はあり、これまでにいくつも、そういう話は聞いてきた。
親が眠りにつく子どもに絵本を読んであげられないという家庭は、たくさんある。

しっかり者の長女メイベルの提案で、母が夜勤に出かけた後、末っ子エディを荷車に乗せ、
きょうだいはじゃがいも畑に出かけていく。
ありったけの洋服を重ね着しなくては、こごえてしまう真冬の月夜の晩。
「ケニーさんとこの畑のじゃがいもをくさらせてはいけない」というのが長女の言いわけ。

弟が立ったまま眠ってしまったのを潮時に、きょうだいは帰宅。
ところが、何としたこと。
台所のテーブルで選別を始めると、ほとんどが石ころだったのだ。
さらに悪いことに、帰宅した母親が、きょうだいのしでかしたことを見つけ、
取ってきたじゃがいもを返しに行くよう告げる。

長男のジャックの視点から書かれる話は、ここに至って希望のかけらもないような
展開になるわけだけど、後半、一つずつ、大切に物語は紡がれていく。

畑から石ころを取り除いてくれたことにケニーさんは喜んでくれる。
どうやら、おみやげにじゃがいもをくれたようで、帰宅したきょうだいは
じゃがいも料理にありつける。
何より素晴らしいのは、きょうだいが母親の愛情の深さを感じられることで、
この子たちが、将来いかなる苦境に陥っても力を合わせ、前向きに生きていくの
だろうなという気にさせられることだ。

しかし、現実の貧困は、決して物語のようにうまく解決し切れやしない。
そこをどうしていくのか、絵本を閉じた私たちは考えていかないといけない。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。