スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1413】『ふしぎなナイフ』のセンス・オブ・ワンダー




「センス・オブ・ワンダー」のお手本みたいな絵本。

絵本はこういうものであるべきという議論がいろいろなところでされる。
「絵はこうで……」「テクストはこうで……」と私もつい、いろいろ語りたくなってはしまうが、
含まれていてほしい要素を一言で表すならば
――センス・オブ・ワンダー

題名で「ふしぎな」と明かされているのだから、期待とともに表紙を開く。
その構えがあるというのに、期待の一段上、五段上、百段上を行く展開だ。
ひたすらに感嘆させられる。

ナイフが「まがる」「ねじれる」「とける」「ほどける」といった具合に、
一画面ごと目の前に表れるイラストに意外性あり。そして、しばらく見つめていれば説得されてしまう。
そんな表現って、なかなかない。
世界に誇れる絵本の一冊ではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。