スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1399】「あの素晴らしい愛」は母の愛?

1月の25日から3週間にわたり、朝日新聞別刷りの「逆風満帆」(日本経済新聞「私の履歴書」みたいな感じ)に精神科医:北山修=作詞家:きたやまおさむの取材記事が載った。
ちょうど、そのしばらく前、北山氏の九州大学における連続最終講義ほかをまとめた『最後の授業 心をみる人たちへ』(みすず書房)を読んだばかりであったので、興味深く目を通した。

京都府立医科大在学中に加藤和彦らと結成したザ・フォーク・クルセイダーズ「帰ってきたヨッパライ」が大ブームとなり、同グループ解散後、キャンパスに戻ってからも「風」「花嫁」「あの素晴らしい愛をもう一度」「さらば恋人」「白い色は恋人の色」等の数々のヒット曲の歌詞を手がけた。この才能を、世間が気にしないはずはない。

音楽活動仲間のような身の回りの人たちのために書いたはずの詩がヒットによってひとり歩きを始め、マス・コミュニケーションに乗って思わぬ広がりがもたらされる。そのことへ違和感を感じたり、ヒットメーカーだからとマスコミにつきまとわれ、研究活動や臨床等を阻害されることに苦しんだりしながら、いかに医療と音楽に取り組んできたかという点がインタビューで明らかにされていた。

北山修氏の研究で面白いと思うものに『共視論 母子像の心理学』(講談社)がある。浮世絵に描かれた母子像を分析すると、母と子は同じ対象を見ていて視線が重なっている。そこに日本の親子関係の特徴を読み取ろうというもので、発達心理学者や江戸文化学者を巻き込んだ共同研究として一冊の本にまとめられている。
浮世絵の指南役は、以前から美貌の誉れ高い江戸文化研究者の田中優子氏。この春から法政大学の学長に就任予定ですね。

共視については先般、小児科医でお茶の水女子大大学院教授、榊原洋一先生の講演を聴いた時にも指摘されていた。
西洋の親子が描かれた画(その多くは聖母マリアと幼子イエス)の場合、母子が共通の対象を眺めるというという感じではない。ばらばらの方向を見ている例ばかり。

あの時 同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度

これを書き出すとJASRACに断らないといけないけれど、まさにこれが「共視」なのかと思ったりもする。
「あの素晴らしい愛をもう一度」は、もしかして日本ならではの母との思い出を恋う歌なのか。

『最後の授業』から、面白いと思ったところをいくつか抜き書きしてみる。
ここには、将来、人の心を見ていくために学ぶ学生たちに向けたメッセージが集められているわけだけれど、心のコントロールに苦労が多い現代人たちにとって、得るところが多い本だと感じられた。

不特定多数の心を取り扱うテレビをはじめとするマス・コミュニケーションに対して、私たちは一人のパーソナルな心を取り扱う専門家であること。(P38)

鏡はお母さんの瞳の中にあって、子どもに一番最初に体験されるのです。その種の体験の重要性を、フランスの精神分析家ラカンやイギリスの精神分析家のウィニコットが指摘しています。
赤ん坊がどのように見えているかをお母さんが照らし返して(リフレクトバック)、照らし返された子どもはそれを内省(セルフリフレクション)の起源とする。これを<鏡としての母親の機能>といいます。
私たちの仕事はこの機能に関わっています。
(P66)

この関係性を重ねてみたとき、テレビはどこに置かれるかというと、この魚の位置にある。ふたりでテレビを見ているという構図になるでしょう。この二者間外交流が行われているときに、つまり文化の継承(共視)あるいは言語の習得(名づけ)という大事な母子関係の二者間外交流がこの場面で内的になにを経験しているかというと、同時にお母さんとの間で情緒的交流、二者間内交流をしているのです。「世界は面白いよ」って、「世界は次々と面白いものが見つかるのよ」って。
「面白い」という言葉の語源は、「面」つまり顔が同じ方向に向かって、なにかを見ていることにあると言います。テレビと言う光を見ていたり、昔だったら囲炉裏端の火を囲んで面白い話をしたものです。
(P82-83)

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。