スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1386】恐怖と沈黙に待たれる雪解け

話題の児童書『スターリンの鼻が落っこちた』(岩波書店)を読む。

3見開きぐらいごとにモノクロの挿画があり、絵を効果的にワイドに見せるため、天地と左右の長さが同じように作られている。つまり表紙が正方形に近い個性的な判型。
挿画へのこだわりは、作者が絵も手がけていることによる。作者がなぜふんだんに絵を入れているのかと言えば、それは共同アパートがどのような暮らしを強いられる場所なのか、どのようなストレスがたまってしまうのか、だからこそ「密告」を思いつく人が出てくる環境になっているということ、また、秘密警察の制服やら車がかもし出す雰囲気、スターリンの権力を象徴する像や旗など、現代の子どもたちが言葉だけではイメージし切れないものをうまく伝えたい意図があるのだろう。

ソビエトと言えば、物が不足し、人々が日常的に長い列を作って食料品や雑貨の入荷を待っている――テレビがそういう風に町の様子として伝えていたものが頭に焼きついているが、その長い長い列をフィーチャーした最後の8ページの挿画が圧巻だ。

語り手は10歳になったばかりの男の子で、父親は秘密警察勤務の立派な共産主義者。彼は明日、いよいよあこがれのピオネール団の入団式を迎えるということで、わくわくしている。
ところが、その夜、思いがけない出来事が起こる。父子の暮らす共同アパートに秘密警察が乗り込んできたのだ。男の子の輝かしいはずの将来は一変してしまう。

伝統ある米国の児童文学賞ニューベリーのメダルは逃したものの2012年オナーブックに選ばれたのは、特殊な状況下にあった管理社会の実態を明るみに出した意義が評価されたものと納得できる。
けれども、「ちくり」「こそこそ」「(パノプティコンのような)監視」「裏切り」「出し抜き合い」のような風通しの悪さ、オモテ・ウラをうまく使い分けないと処世していけない息苦しさは、今の子どもどころか、自分の周囲にもちらつくことがままある。競争は管理社会でも自由主義社会でも変わらんのよ、息苦しいのよと正直へこんでしまった。

スターリン時代の密告や秘密警察周辺では、『囁きと密告』という大巻が例によって白水社から最近出されている。

スターリン体制と聞いて、ナチス・ドイツの仕業と見せかけた「カティンの森虐殺」を思い出したが、それについては、アンジェイ・ワイダの映画の原作『カティンの森』が集英社文庫から出ているし(リンク先に拙文あり⇒一所懸命書いたので、読んでいただけると嬉しい)、みすず書房『消えた将校たち カチンの森虐殺事件』改訂新版も映画に合わせて出たので、時間あれば読んでみたい。

それから、少し切り口の変わったところで、小説『粛清』『包囲』等もソビエト絡みの素晴らしい作品のようで気にはなっている。

「スターリンの鼻」はゴーゴリの幻想短篇『鼻』が下敷きにされているだろう。とても面白いから、ゴーゴリ『外套』と共に必読だぜよと思ったけど、そちらまでペタペタ貼っていると切りがない。光文社古典新訳文庫の訳は個性的なので好き好きもありそう。

いい本がいっぱい出ているので、こういう風に関連づけて「連休読書」というのは楽しそうだが、あいにく、いろいろに追われているもので残念、残念。誰か代わりに読んでくれないかと思い、こそっと書いておく。



スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。