スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1040】コーティングのつづき…6月22日

あっちをちょいやり、こっちをちょいやり、そっちもちょいやりという具合にいろいろなタスクに振り回されていると、影分身の術で1号から始めて分身をいくつか作り、それらを整理し担わせたくなる。
前にも、この1号、2号の発想については触れたけれども、「びわ1号」には、ひたすら本を与え、読ませ考えさせ書かせておく。
「びわ2号」は家事担当で、そうじ、洗濯、食事の用意、片付けなどをしっかりさせておく。実家の手伝いに関したこともこちら。
「びわ3号」は家族対応、夫と子と親の世話をさせ、「びわ4号」は社交やPTA対応、「びわ5号」はスポーツで鍛えたり楽しんだり……。「びわ6号」には美術・映画・音楽鑑賞関係、それが何か創造的行為に移行していくことも許す。「びわ7号」には何か専門的な研究でもさせてみたいし、「びわ8号」はボランティア係。「びわ9号」と欲張って、恋愛人格を付与する。さらに「びわ10号」はぼうっとしたり、昼寝したりでだらしなく過ごすことを命ずる。と、ここまで書いて、仕事をさせる分身を入れ忘れたので、それを「びわ11号」としておこう。

これが実現すると、weblogを11個も運営するのかという疑問が出てくるけれども(笑)、それはそれ、パスワードを共有して、共同編集ということで良かろう。

さて、こられをどう統合していくかということなのだが、ホールディング・カンパニーだと捉えるか、パソコンのOSだと捉えるのか、何かミッションのある司令室と捉えるのか……。
管理人格を置くとして、それに感情を持たせるかどうかが問題なのである。つまり、「きょうは7号が頑張って成果を出しているから、8号が何か言ってきても無視するか」というように、感覚的なところで裁量をしていくのか、これら分身の働きを数値化して冷徹に成果と報酬を評価していくのか。
そしてまた、管理人格には実体を与えるのか、与えないのかも問題となってくる。
そして、全部をひっくるめてコーティングしてしまうか、一個体ずつをそれぞれコーティングしていくのかも、よく検討していかないといけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。