スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1374】足の指を洗いながら

先ほど、風呂で足の指と指の間を洗いながらつらつら考えていた。
どこかで「専門的関心」だったか「専門的興味」だったかという表現を見かけた。これがやや、ささくれ立ったような感じを受けたので「なんじゃろなあ」と……。

その表現を使った人は、どうも「一般的」「日常的」、あるいは「下世話な」といったものから、自分のごく周辺に位置するものを囲い込みたい意図、限定したい意図があるのだと取れた。そこまでは分かる気になったが、ではかんじんの「専門的」という言葉が示すところが何なのか。それが、
・どこか曖昧で面白い
・日本語の持つ曖昧さ、ほのめかしのような独特なニュアンスを含んでいて味わい深い
と惹きつけられた次第。

専門。
これは教育機関や研究機関ならば「学術的」ということになろう。しかし、「ジャーナリスティックな」やら「論壇界隈で」といったものもありそうだし、「科学的」「芸術的」とも解釈可能。芸術の対極にある「商業的」というのも、一般や日常から区別される専門性はある。
となると、「オタク的」「偏執狂(パラノイア)的」なんてのもありだし「スピリチュアル」もありかと、とりとめなくなっていく。
さらに、「空想的」というのは専門性が感じられないけれど「SF的」とすればどうだ、専門性が出るじゃないかっ……と発見までした気になった。

そのぐらいに発展させていったところで、「やべ。足の指をこすり過ぎたのではないか」と心配になってきたものだから、洗うのをやめた。

足の指で思い出すのは、学生時代の男性の先輩(ちなみに現在、日本を代表する一流企業勤務)が、当時つき合っていた彼女との艶っぽい話を宴席でしていたとき、ふいにこちらへ「なっ、足の指、大事だろ」と水を向けてきたことだ。それに対し、「おいおい、またか。かんべん、かんべん」と一瞬ばつの悪い思いをしつつ、そういう話をひらりかわすのが苦手ではない自分がどうにかかわしたはず。しかし、どうかわしたのだったかを思い出せなくなってしまっている。
確かに当時も足の指は大事だと分かっていたが、それを客観的に確認させられたのが丸谷才一の小説『輝く日の宮』の記述だった。『源氏物語』読解の成果を盛り込みながら、読みやすく読みごたえある愉しい小説に仕上がっていて、そういう中であられもない性的なエピソードをけろりと入れていた。まさに名人芸。そういうエピソードこそが『源氏物語』を読み解く醍醐味なのだと教えてくれるかのように……。



足の指に関しては、さらに別の話もある。乳児だった息子を連れて公園デビューをしてからしばらく経ったころ、「ママ友」とまでは言えない「ママ知り合い」ぐらいに囲い込める人が、ある時言ったことが印象的だった。
ベビーカーの中の赤ちゃんをあごでしゃくるように指しながら、「わたし、きのう、この子の足の指と指の間を、ちゃんと洗ってやらなかった気がするの」と、さも困ったような、悔い改めるような不思議な表情をしたのだ。それに対し、自分がどう反応したのだったか。それも、すでにすっかり忘れ去ってしまったけれど……。

「子育て」「育児」というものは、それこそ一般的、日常的であり、且つ下世話な局面も多々あるが、ところ変われば学術的にも芸術的・科学的にも商業的にもなる。専門的に語り得る対象なのである。

そんなこんなをいろいろ思い巡らせてみて、くだんの「専門」という言葉の意味に戻る。それが受け手に託されている風だということ、「専門」と表現した人々を中心とし、周縁に当たる領域が遠ざかっていき一般化、日常化していく段階的なところで、中心にいる人が抱いている限定と、周縁にいる者が抱く許容への期待との間に乖離やせめぎ合いがあることを、ますますもって面白く感じたのであった。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。