スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1370】老いて語り得る昔むかしの古い話





「時は老いをいそぐ」ではなく「老いは時をいそぐ」が思い過ごしではない、ここ数年。1週間や1か月、1年すらが飛ぶように過ぎてしまい、まさに「光陰矢のごとし」。
自分がこういうシミや白髪が気になり、「あれ、あれなんだけど」と感じた言葉がすぐに手繰り寄せられない初老の女になってしまう日が来るのは、もっとずうっと先だと思っていたのに……。

そう情けなくはあるものの、しかし今さら、他の誰の人生でやり直したとすれば満足が行くのか良い考えが浮かばない身に、しみじみ響いてくる文章が2篇めの「ポタ、ポト、ポッタン、ポットン」にあった。
引用は、未読の人にとって先の出会いの喜びをそぐものと申し訳なくも思うが、書き出すことにする。

あんたは自分が賢いってわかっているし、そんなことは考えたこともないかもしれないけど、子どものときの記憶だと思ってるものは、もう大人になってからの記憶なんだ。そんなに昔のことは思い出せるもんじゃない。そのころ大人だった人の手助けが必要なんだよ。(P41)

体に痛みを抱えた初老の男性が、小さな頃に母親代わりを務めてくれた叔母の重篤で病院に駆けつける。
叔母に乞われ、ささやき声に耳を傾ければ、上のおしゃべりの後、これまで打ち明けられていなかった昔話が始まる。男性が5歳当時のことで、それは彼の一生を左右する叔母の発見であった。
叔母にしてみれば、大切な甥の将来を、輝ける光の中に送り出すことに成功した非常に嬉しい発見だったのだろう。しかし、病に倒れた彼女には、もはやその出来事を生き生き表情豊かに語る力はない。「けど死にそうだなんて思わないでよ」(P40)と断わりながら、かすかな声で、実の息子のようにいとしい甥の耳に語りかける。

幼い子どもは、まだ自分についての「昔むかしの話」を持っていないから、昔むかしの話を不思議なものとして面白く聞けるのかもしれない。
いつのまにやらうっかり年を重ねた大人は、自分自身の「昔むかしの話」を多すぎるほどに蓄えてしまったため、自分の話ばかりしようとする。世の中には、そういう大人が多くはないか。
自分の昔むかしの話を、まるで人ごとのように、誰にでも通ずることのようにうまく語れる大人なら、この話に登場する「叔母」のように煙たがられない。けれども、自分の経験したことが、さも重要なことだと押しつけるようにしゃべりたがる者はイタい。

『時は老いをいそぐ』は詩的響きに満ちた切ない題名だから、読む前から人は、タブッキという作家(和田忠彦という哀切が分かったイタリア文学者が訳したタブッキ)の魅力に吸い寄せられ、そこに漂う情緒をまといながらこの本をひもとき始める。
そして、タブッキが現代イタリア文学のみならず世界の現代文学においても得難い作家のひとりだと知っている者なら尚のこと、本書の文学的位置づけ、文学的価値をしっかり語ろうとする。そこで題名に含まれる「時」「老い」がタブッキ文学にとってどういうものなのかを解き明かそうという気持ちになるのだろう。

そのような読後の知的営みは、文学という世界において必要なものには違いないが、「時」「老い」によって得られるものを、自分の過去を振り返りつつ思い巡らせながら、すべての人の「人生の収穫」として全霊で読んでみるのが、この短篇集にはふさわしい。そのように感じられて仕方なかった。

身内や友人はじめ過去の自分とともに生きた人びとについての記憶、彼らにまつわる言及、そして過去の出来事への思いといった私的な部分の価値が、はっきりとどういうものなのかは説明されずイメージのように語られ、時という幾千、幾万もの場面のシーケンスの中に広がっていく。
そして、そうした私的な部分の価値を遠巻きにしながら、人間の遺産としての文学の数々の価値もまた、時のシーケンスの中に広がる。過去の文学作品を連想させる断片が、そこかしこに見受けられ、文学に生きたタブッキの「しるし」を確認させられる。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。