スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1367】アンジェリーナはアニメーション!


「アンジェリーナ」と言えば「ジョリー」だという人は、どこかそこいらに行っててもらって……と。
講談社から、バレリーナにあこがれるねずみの女の子アンジェリーナのお話絵本シリーズが出ている。

絵柄は愛らしいけれど、大人目線からすれば他愛ない話とも言え、芸術に片足を突っ込んだ大人受けする作品とは言い難い。
英国で人気のシリーズで、日本でも気がつけば何冊か出ていて、ミニ版も発売されている。シール絵本やら、しかけ絵本なども……。

チューリヒのホテルで、あれこれチャンネルを変えてテレビを見ていたら、このアンジェリーナがアニメーション化されたものが映った。
こんな感じ。原作本とは違うタッチだけれど、色が上品で、動きのまったりした優雅さも、とても良い感じだった(もしかして日本で、とうにオンエア済みだったりして……)。
アンジェリーナ①アンジェリーナ②
英語でアニメ化されたものなのだろうが、ドイツ語チャンネルでの吹き替え放送で、何やら不思議な感じ。
ヨーロッパの人が、日本語吹き替えのムーミンを見ると、ああいう気持ちになるのかもしれない。

それにしても、スイスのテレビチャンネル!
標準的家庭ではどうなっているのか知らないが、あまりテレビに力を入れていないホテルでも、ドイツ語、フランス語、イタリア語が数チャンネルずつあった。
テレビに力を入れているホテルだと、観光客向けに日本語チャンネル、ベトナム語チャンネル、ロシア語チャンネルなどまである。
ちなみに日本語の「NHK」と示されたチャンネルでは、ニュースもやっていたけれど、「笑点」「ちびまる子ちゃん」も流されていた。

スイスの子は、小さな頃から、ああして多言語にさらされ、お気に入りのアニメをいろいろな言葉で見たりして自然に覚えていってしまうのだろうな。学校教育と相まって、無理せず三四ヶ国語は話せるようになってしまうのだろう。
スイスリーグとブンデスリーガをドイツ語で観て、セリエAをイタリア語で観て、プレミアリーグを英語で観て……といった具合。日本も中国や韓国、台湾、ロシアあたりと地続きだったら、どうだったんじゃろうねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。