スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1363】退屈でない絵画

セザンヌ
1906年、67歳で亡くなったセザンヌが、1899年頃に描いた「りんごとオレンジ」。

「セザンヌ―パリとプロヴァンス」という展覧会名で分かるように、画家が行き来した二つの場所を意識して構成された企画。乃木坂の国立新美術館にて開催中で、同画家の個展としては過去最大だそう。

この静物画はオルセー美術館から借りてきた目玉作品の一つであり、他にもパリ市立プティ・パレ美術館所蔵の「四季」四部作やら、マティスが長年手元に置いていた「3人の水浴の女たち」やら、晩年に画家の世話をしていた庭師の肖像画やら、母の死後よく描いていた骸骨の絵の一枚など、興味深い作品が、あちらこちらから集められていた。

人気画家の一人なので、観に来ている人は確かに多い。だが、広い空間にゆったりと作品展示がされており、普通なら「休館日?」の月曜日の夕方近くということもあったためなのか(休館は火曜日なのである)、無心に絵の世界に入れる良いひとときが過ごせた。

20代前半、やや長いヨーロッパ旅行を二度ばかりした時、多くの美術館でむさぼるように絵を眺めた。でも、当時はエキセントリックなもの、尖っていて挑発的なものが好きだったこともあって、どの静物画・肖像画を観ても「退屈だ~」と感じていた。

きのうを含め、ここ数年そうなのだけれど、絵画というジャンルに関係なく、自分が味わってきた文学、音楽、演劇、彫刻、工芸品、映像、写真ほか、人びとが生み出してきた偉大なものに触れたとき、そこに結晶化されている制作者の美意識・世界観といったものに、自分が得てきたものの結晶が確かに反応することの喜びを深く感じる。

それを思うと、きちんと反応できず、作品の価値を十分に受け止めることもできず、ただ絵画の前を通り過ぎていた若い頃の愚かな鑑賞も無駄ではなかったのだという気にさせられる。そういう経験もあって、自分の感性が培われてきたわけだ。そして、何も芸術体験だけではなく、多くの自然や人と対峙する中で、苦悩や失望も含め、ありとあらゆる感情を体験してきたことも大きな意味をなしている。

「円熟」とは、人が他者を論じるときに使う表現には違いないが、幸福か不幸かということに関係なく、自分が積み重ねてこられたものに、このような形で「実り」を感じることができるのは意外である。


セザンヌ関係の本は、さすがにいろいろ出されている。
右端は、ゾラの書簡集。セザンヌがパリに出たのは、友人のゾラの誘いがあってのことだったという。
スポンサーサイト

テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。