スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1357】繁殖する人類


ツイッターで、マーセル・セロー『極北』を買った日に、「少し読むつもりでひと息に6分の1を読みふけった」と書いたのが1週間前。その本を、まだ読み終えていない。残りが4分の1ほど。

後半になって、いろいろな設定が明らかになってくるにつれ、感じさせられること、考えさせられることが多くなり、少し読んでは思いを巡らせ、また少し読み進めては思いを巡らせる。それを繰り返す。前に戻って読み直したりもしている。
決して読みにくい内容ではない。翻訳も村上春樹調でなく(おそらくという話)、誰が訳しているのかなど忘れてしまう虚構世界が広がっていく。
ただ、フィクションの内容が持つ、あまりの深みに頭の中の処理が追っつかないのである。それで、なかなか進まない。
 
きょうは、一つ合点の行くことがあった。
「環境問題」「エネルギー問題」「食料問題」などを、これまで私は社会問題だと考えてきたけれど、そうではなく、それらは皆、人口爆発、つまり人類の異常繁殖という生物的問題がもたらす随伴的結果なのではないか……ということ。
人間は理性のある動物で、他の動物と異なる点は「意思決定」だ。組織と個人を考える社会科学を学んだ時代から前提として、そのように教えられ、捉えてきたけれど、昨今のアフリカやらインドのような新興国やらの人口増加は、そういう人間論の外にある気がしてきた。

地球温暖化やエネルギー問題どころか避妊の知識すら教育機関で学ぶ機会がもたらされないまま、初潮を迎えたばかりのような少女たちが子をはらませられてしまうのだと聞く。
ジョイセフというNGOのこちらのページに詳しいが、途上国では年間3億5000万人が望まない妊娠をしているそう。それ以外にも、たとえ正式な夫婦だとしても、納得いく家族計画の外での妊娠があることだろう。
(ジョイセフの活動に注目していることは以前にも、つぶやいた)

便利で快適な生活の追求という、格差社会の富裕層の欲望、そして途上国の男性たちの性欲。理性の「たが」の外れたその2つの狂った欲望が、理性によるコントロールを失い、生物の悲しい性(さが)として地球上の様々な問題の引き金となっている。
そのような構図が『極北』というフィクションから透けて見える気がした。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。