スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1350】平穏ご無事で

本当は運動もすべきなのだが、きょうは、どこへも出かけず、掃除をして洗濯をたくさんして、ごはんの進むおかずを作って、幸いにも上質な小説を少し読み進め、それも、おいしいミルクティーとサブレとともにあった午後のひとときで、精神の安定を取り戻すことができた一日だった。

最近は、デパ地下のお惣菜に世話になることも少なくない。それはそれで、「おいしいものが食べられるから恵まれているじゃないか」と悪くない気がするけれど、「作ること」がおろそかにされない姿勢が人の生活には必要。そして作ったものを分かち合える相手がいることもまた、大切なことなのだろう。
そう書くと、とても残酷だ。なぜなら、ひとり暮らしの人が大勢いる世の中なのだから……。家族がいたにしても問題を抱えている場合もある。
たぶん、だから「いいね!」というのが流行る。上場までする。
作った料理を「盛りつけがうまくて、おいしそうだね!」と具体的にほめられなくても、ネイルサロンでかわいくしてきた爪を「ビーズがきらきらして、すてきだね!」と具体的にうらやましがられないでも、「いいね!」で十分なのだ。願わくは、その数が増えていってくれれば……。

自分のしたこと、気を遣ったこと、働いたこと、よかれと思ってやったことに対し、反応が期待できないのが、すなわち「無縁」ということだ。何らかの形で認められ、社会の片隅にでも、居心地のいい自分なりの場所が持てることが、まともな暮らし、平穏無事な暮らしを支えてくれる。それを見失ったら精神のバランスが崩れ、死にたくだってなってしまうのは自然なことだ。
何か当たり前のつまらないことばかり書き出してしまった気がするが、構わずに続けてみる。

しかし、他者との比較の中で「よそのお父さんより収入の低いお父さん」「よその嫁より器量の悪い嫁」「よその子より勉強も運動も苦手な子」「よその職場より雰囲気の悪い職場」等、見回してしまえば、「いいね!」と単純に認められない属性ばかりが、多くの人を苦しめる。おそらくそれは、情報過多なこの時代に、幸福になる情報ばかりを探せないためだろう。情報は、自分にとって余計なものも、目にしたくないものも、やたらめったらとにかく流されてくる。
周囲にいる人のことも、情報の集合体のようにして私たちは分析してやしないか。「音楽は、こういうジャンルが好き」「出身は、割におしゃれな地方都市」「立ち食いそば屋に気軽に誘える」といった具合。そういう情報を確認した上で、自分に「いいね!」を出してくれそうな人なのかどうなのかを探る。そこを極めて慎重に探るから、「いいね!」がすぐに求められそうにない人だと付き合いを敬遠し、自分の世界に戻ってしまう。

生活の中から、いらない情報を洗い流していくには、まず清濁混ざった情報の受け入れを止めることが必要なのかもしれない。そして、高潔で揺るぎない意志の産物として作り出された「作品」「研究成果」等と、じっくり対話していければ、精神は本来の平静を取り戻していくのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。