スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1153】天からの賜り物…5月27日

「きょうはもうおしまい」と思って、夜ベッドの上で上体を起こしながら少しだけ本を読むことにすると、読んだ内容があまりに素晴らしく、「これがきょうという日だったのか」と驚かされることが過去に何回もあった。
昨日もそういう日であった。最もその予兆は午後にすでにあり、恵まれ物を受け取る準備は自分でしていたのかもしれない。
自分が何気なく書くものも、眠る前に少しここを覗いてみようと思った人に、同様の喜びを与えられるようなことができれば幸いだと思う。

 過ぎ去っていく時間、その正体はなんなのだろう、そう思って首をかしげるのは、子どももおとなも同じです。いちにちが、過ぎてしまったあと、その日はどうなるのか。わたしたちのきのうという日、楽しかったこと、悲しかったこともふくめて、その日はどこにあるのか。過去とそれにまつわるさまざまな気持ちを思い出すうえに役立ってくれるもの、それが文学です。物語をする人にとって、きのうという日は、いつも身近にあります。それは過ぎ去った年月、何十年という時間にしても同じです。
 物語のなかでは、時間は消えない。人間たちも、動物たちも消えない。書く人にとっても、読む人にとっても、物語のなかの生きものは、いつまでも生きつづける。遠い昔におこったことは、いまもほんとうに存在する。
(I.B.シンガー『やぎと少年』まえがきより/工藤幸雄・訳/岩波書店)

全部写してしまうわけにはいかないので、あと半分は写さないが、この後、シンガーはこの子どものための童話集を<おとなになる機会を持てなかったおおぜいの子どもたち>に献げるとしている。知らない人のために書いておくと、シンガーはポーランドに生まれたユダヤ人であり、1943年に移住先の米国に帰化した作家である。
1978年にはノーベル賞を受賞しているが、彼はイディッシュ語(「聖」なる言葉とされるヘブライ語に対し、民衆の「俗」な言葉であると、工藤幸雄氏のあとがきに説明がある)で書いた初めてのノーベル賞作家であった。そして、今、イディッシュ語を話す人はどんどん減っている。だから、イディッシュ語で書いた最後のノーベル賞作家になるだろうとも言われているらしい。
<おとなになる機会を持てなかったおおぜいの子どもたち>というのは当然、ナチによって迫害され、虐殺された子どもたちのことである。

この短いまえがきを読んだだけで、思わず泣けてしまった。
そして、シンガーという作家の偉大さを改めて確認した。 


上に並べた通り、シンガーは一般向けの文学作品も書き、子ども向けの童話も書いたのである。そして、そのどちらのジャンルにおいても傑作を残した。
どちらか1つのジャンルだけでも、傑作と言われるものを残すことは非常に難しい。しかし、彼は両方において、類いまれな傑作を残した奇跡的な作家なのである。
(『ショーシャ』『カフカの友と20の物語』リンク先には中村コメントあり)

まえがきの素晴らしさにつられて全部読んでしまった『やぎと少年』は、『お話を運んだ馬』のように面白おかしかったり奇想天外だったり、じんとしたところもあったりという素晴らしい童話集であった。『まぬけなワルシャワ旅行』も一昨年出た『タイベレと彼女の悪魔』(地味だけど質の高い作品を出しつづける吉夏社さん、グッジョブ!)も読みたいと思う。
それから、『やぎと少年』にはモーリス・センダックの見事な挿絵もついている。センダックもまた、ポーランドからのユダヤ系移民で、絵本作家として最高峰の1人である。代表作『かいじゅうたちのいるところ』は、5本の指に入れたい好きな絵本である。
<この項つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。