スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1145】文学の生まれてくる風土のつづき…4月26+29日

美しい絵画の話のはずなのに、強烈に残酷なノンフィクションを持ち出すのはズレている気がしないでもない。
しかし……。

ブラコフの経験では、被害者の眼にわざわざ傷をつける殺人犯はほとんどいなかった。生殖器に損傷を加えるケースのほうがはるかに多い。四体の死体はほぼ同じ地域で発見され、同じ年に殺され、しかもいずれも眼に傷を負っていた。同一の犯人の仕業だと考えてまちがいなかった。ブラコフの頭には古いロシアの迷信が浮かんでいた。それは、殺された人間の眼には殺人者の姿が焼きついている、というものだった。ことによると犯人はその迷信を信じていて、証拠湮滅(いんめつ)のために犠牲者の眼球を抉り出したのかもしれない。(P45/広瀬順弘・訳)

書影のリンク先で、『子供たちは森に消えた』がどういう本なのかを説明してみている。50人を越える子どもや保護者が犠牲になった1980年代のソビエト連邦~ロシアでの殺人事件について、ソ連に10年駐在した米国人ジャーナリストが著したのである。そこで私が最も注目したのは、この「迷信」についての記述だ。
ネタばれに近くなってしまうが、捜査官ブラコフの推察は、いい線を行っていたのである。ブラコフはプロレタリアートから身を立て、ブルーカラー労働者の理想として尊敬を集めたあと、不本意にもならず者の集まりである「民警」に選ばれ、この連続殺人事件の解決に心血を注いでいた。

ソ連という国家は、言い換えるならば共産主義国家というものは、伝統や土俗性、地域色や民族性といったものを排除する。それは、すべての人民を公平に受け止めた上で、富を公平に分配することを理想としているからだ。その理想の下、科学的合理性に基づく生産を行っていくという姿勢があるからだ。
そのような国家で起きた信じ難い連続殺人事件が、共産主義の理想の網の目をどんどんくぐりぬけながら展開していったところに注目して、作家はノンフィクションを仕上げている。理想は高くても、あらゆるシステムが機能不全に陥っていたソ連という国家を象徴するかのような事象が分析されていく。
その中で、人の行動や意識を規定する「迷信」という極めて土俗性の強いものが事件の特徴となっている。そのことが注目すべき点だと思えたのだ。

今回のトレチャコフ美術館展は、そのような科学的合理主義と土俗性が消化し切れなかったソ連、その前史に当たる時代の絵ばかりが見られるわけなのである。
迷信や語り伝えといったものや風景がかもし出す詩情が満ち満ちた、古典的なロシアの日常や眺めだと認識して一つひとつの絵の前に立つと、何とも言い表し難いロシアの趣きや香りが伝わってくるのであった。

[以下29日に付け足し]
迷信が社会に生きているかどうか、人の生き方をどう左右するのかどうかといったことを上のように考えていたところ、昨日書店でこんな本を見つけた。

書き手が、在野の哲学者から出発し、里山に関する社会活動をしながら東大や立教大で教えるようになった内山節氏なので興味深く読んでいる。内山節氏の著作を教えてくれたのは、地味ながら良質な著作活動を行っているノンフィクション作家Y氏である。
『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』は、1965年を境にキツネに化かされるという話が少なくなってきたという人から聞いた事実に注目し、日本の社会と日本人の精神のありようの変化を探っていこうというものである。

では、伝統や土俗性、地域色や民族性がないものは文学ではないのかということになってしまうが、そういった要素が濃いか薄いかは、ジャンルという要素にも密接に結びつくので、すぱんとは言い切れない。ただ、書き手の個性を規定する要素が何なのかといったとき、氏育ち、生い立ち、情報力、人間関係といった属性が大きな部分を占めるが、それを外側から支えているのが土俗性や民族性なのだろう。
迷信に代表される土俗性や民族性が文学作品なり芸術作品から消えて行き、グローバル化していく流れを、新たな可能性に満ちた土壌と捉えるのか、文学的・芸術的土壌の退化と捉えるのか。

トレチャコフ美術館展では、何枚もの風景画からびりびりと霊性、霊的なるものが飛び交っているオーラが伝わってきた。
それとは別に、クラムスコイやレーピン、ツルゲーネフ、チェーホフ、トルストイといった芸術家、文豪たちの自画像や肖像画が印象深かった。
チェーホフの顔が、池澤夏樹氏と堀江敏幸氏の顔を混ぜたような感じであったのには苦笑したが、そのような戯れ言はさて置き、トルストイの肖像画の前に立った私は、両手を合わせて頭を垂れたい気分になったのである。
ロシアの魂の象徴のような、その作家の前で、日本人読者たる私がとても日本的・伝統的身体所作で接したくなった。その瞬間は、今思い出してみると、何かとても不思議な巡り合わせの交流であったと感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。