スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1136】パラダイム・シフト…2月28日

金融システムや経済体制に疎いので、まったくの当てずっぽうの与太で恐縮だが、今朝、シティグループが政府管理下に入ったというニュースを聞いて「こりゃ大変だねー」と思い、ふっと頭をよぎったのは……。

これから4月にかけて、もう一段、二段ずっこけていくような感じになると、かなり思い切った世界経済の立て直しが必要なのだろうな、ということ。
つまり、変動相場制を固定相場制に一時的にでも切り替えていき、世界経済を緩やかな回復へ向けて再編するようコントロールしていくためのパラダイム・シフトも必要になってくるのではないか。

無論、状況は世界大戦の後あたりとは大幅に違っていて、どこからどう手をつけるべきかに困ってしまう。とりあえず石油を産出しているアラブの皆さんには、石油価格をそこそこの産出量と価格でコンスタントに供給してもらうようお願いする。それをベースに、各国が「貿易」と「国内生産」のバランスを図り、世界経済へリンクさせていくというようなイメージなのだろうか。まあ、各国が内需に悩み、貿易も国内生産も取るべき舵を失ってしまっているところが問題の根本なのだろうが。
固定相場制は「たとえばそういう発想で」というシフトの例にしか過ぎないから、もっといいシフトの方法があると良いと思う。

もし経済活動を公的機関の保護・管理下で行うようにしたら、発展途上の中国、インド、アフリカ諸国などは黙っちゃいられないだろう。発展途上国では人口が増加しているわけだから、それに見合った大幅成長をさせていかないと餓死者が多数出るということになる。
また、ユーロや米国はじめ先進国間での利害がもろにぶつかる。独特のスタンスに立つロシアも乗ってはこないだろう。それにこれだけ多国籍企業が増えて、そんな体制が取れっこないということもあり、さらに民族や宗教の利害も絡む。

そして、最大の課題は誰がシフトのリーダーになれるかということだ。
本当は、非武装で国連の常任理事国でもなく、国民の貯金高が比較的高いという意味では余裕のある日本あたりが、世界中の優秀な経済学者やリーダーたちに呼びかけをして、会議でも企画していかにゃならんのよ、きっと。自分の政党が次の選挙で勝てるかどうかという目先の利害ばかり考えて、時間を蕩尽している場合ではない。与党も野党も……。
それからオバマ大統領だが、彼は米国のリーダーであって、世界平和に向けてのリーダーとしての手腕はもしかしたらあるのかもしれないが、どうも世界経済再編の立役者としてはミスキャストという印象だ。
いずれにせよ、オバマ大統領と麻生総理が並んでみたところで、その種の会話が交わされたのかどうかを問うのは野暮だろう。はああぁ、あ、あ……ですね。

私もあと5年ぐらい真剣に経済の勉強をしたら、総理大臣にでもなれそうか(笑)。今は早起きして子どもの弁当作りをしないといけないので、頼まれてもやらないけどな。

最後にもちっとファンタジックな話で流しておくとすると、「世界的な経済不況というのは地球という星のホメオスタシスなのかなと」も思うわけである。ホメオスタシスというのは生体均衡とでも訳すのかしら。
つまり、地球くんが温暖化でもって「近ごろ何だか息苦しいなあ」と感じているわけですよ。それで、私たちの体がウイルスと闘うときに熱を出すように、地球温暖化を抑えるために活発になりすぎた人間どもの経済活動、ひいては人間活動全体、人口増大を抑制するために経済を押さえつけようとしている。

ただ、温暖化自体もそう単純なものではない。経済が停滞すれば温室効果ガスも減るだろうというものでもなかろう。
先進国で技術開発にいそしんで温室効果ガスを吸着したり抑制したりするしかないという状況になってきている。明かりを消して夜の活動を停止したり、寒いのにあっためてもらうのをやめたりというようにして、便利なライフスタイルをあきらめていく努力をほとんどの人がしようとは思っていないから……。
この状況で、もし先進国が停滞してしまったら、温暖化抑止のための技術開発も停滞してしまうので、温暖化に対する術(すべ)も失ってしまうということになる。
地球くんの生体均衡も実はヤキが回ってしまっているということなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。