スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1413】『ふしぎなナイフ』のセンス・オブ・ワンダー




「センス・オブ・ワンダー」のお手本みたいな絵本。

絵本はこういうものであるべきという議論がいろいろなところでされる。
「絵はこうで……」「テクストはこうで……」と私もつい、いろいろ語りたくなってはしまうが、
含まれていてほしい要素を一言で表すならば
――センス・オブ・ワンダー

題名で「ふしぎな」と明かされているのだから、期待とともに表紙を開く。
その構えがあるというのに、期待の一段上、五段上、百段上を行く展開だ。
ひたすらに感嘆させられる。

ナイフが「まがる」「ねじれる」「とける」「ほどける」といった具合に、
一画面ごと目の前に表れるイラストに意外性あり。そして、しばらく見つめていれば説得されてしまう。
そんな表現って、なかなかない。
世界に誇れる絵本の一冊ではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1412】グラフィックセンスあふれる絵本『どんぐり』




ネット上だから、開いて見せてあげられないのが何とも残念。
表紙を開いてすぐの見返しから何ともまあ、鮮烈な絵本。
黒い草っぱらのシルエットの中に、小さく黄色のどんぐりが見えている。

このどんぐりが主人公で、ころがっているところに白ねずみがやってきては去り、オレンジりすがやってきては去り、青どりがやってきては去り、灰色うさぎがやってきては去っていく。
みんなどんぐりを食べたがるわけだけれど、どんぐりは自分を食べないように頼むのだ。
「いまに もっと おいしくなるから」と言葉を添えながら……。

どんぐりは種子だから芽を出し、根を張り、大きく成長する。
立派なかしの木になる。

その立派さを表現する画面が素敵な「しかけ」になっているのだ。
その画面をめくって見せたいけれど、ここは野暮なネットの上なのだ。

そこだけでなく、結びの画面も気が利いているし、おまけに後ろ見返しも美しいグラフィックのシルエットなのだけれど、
申し訳ないことに、ここはネットの上なもので……。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1411】語りの妙『へんなどうつぶ』




ワンダ・ガアグは、とびっきり愉快な絵本『100まんびきのねこ』で有名で、ボヘミア移民の子としてミネソタ州で誕生したのだ。

石井桃子さんが愛したウィラ・キャザー『マイ・アントニーア』という美しい小説のアントニーアもボヘミア移民で、ネブラスカ州に入植した設定だった。

何で移民の話なのかというと、移民の家庭では、親が子どもに自分たち民族の文化や言語を伝承するため、母国で語りつがれてきたおはなしをとても大切にしていただろうということが言いたい。
ストーリーテリング、そして物語の伝統もいっしょに海を渡ったのである。
むろん入植した先、先住民たちのなかにも同様の伝統はあった。
人がことばを身につけるため、人がことばで愉しみコミュニケーションを図るため、物語は機能していたのだ。

さて、『へんなどうつぶ』を初秋という季節に選んだのは「移民」には関係なく、おいしそうな食べ物がたくさん出てくるからだ。
山奥のトンネル状のうちに住んでいるボボじいさんは、ほらあなの入口に食べ物を並べて、どうぶつたちがごちそうになりに来るのを待っている。
りす用のくるみケーキ
ことり用の種入りプディング
うさぎ用のキャベツ・サラダ
ねずみ用のチーズ・ボール。
食べたくなるだろ、ほれほれ、ほれ。

ところが見たこともないどうぶつがやってきて、自分はどうぶつでなく「どうつぶ」だと主張して、そこに用意された食べ物でなく、好物は子どもたちの人形だと言い出すのだ。
心やさしいボボじいさんは、子どもたちが大事にしている人形を食べられてはかわいそうだと、一計を案ずる。

黒インクだけで描かれた絵に力強いまでの優しさと機知が感じられるのは、一つひとつの線や形にしっかり魂が込められているから。
ことばにも筋にも無駄がないストーリーに吸い込まれてしまうのは、語りつがれてきた物語が支えてきたものへの敬意があふれているから。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1410】『概説子ども観の社会史』に学ぶ




大学院の修士ゼミの一つでテキストに取り上げられ、知的好奇心の高い人たちといっしょに読んだ本。

指導教官は子ども社会学、幼児教育・家族の変遷、それらに関する政策比較等が専門。
ジェンダー、教育格差、家族問題等に鋭い問題提起をしている、非常に魅力的な指導者で、その先生からのトピックス提案が常にあったことも大きかったが、ゼミの真ん中にあっていろいろな観点や要素を提供してくれる内容の本だった。

日本語版への序文で筆者が明らかにしている取り組みのポイントは以下。
(1)子ども期の観念の進展:啓蒙思想とロマン主義運動に結びついた観念の大きな変化は18世紀末から19世紀初めという指摘
(2)子ども経験のとらえ直し:ここ500年の時代・文化・社会の水準でとらえ、急激かつ意義深い変化を把握
(3)子ども期の観念と子どもである経験の結びつけ:(例)ロマン主義のあるべき子ども像を知り、児童労働の非人道的待遇を理解するというようなこと

むかし経済学部でマルクスやウェーバーをかじった自分が、第6章「子どもの救済―1830年頃-1920年頃」の前半に当たる「児童労働」「路上生活する子ども」の報告担当者になったことに奇縁を感じる。
学部時代は、経済発展を歴史的にとらえ、さんざん「産業革命」という言葉を目にしていたというのに、それが児童労働に支えられているという点をまったく意識していなかった。
歴史はある観点に絞って見ると面白いが、そうすると他の位相はまるで見えなくなる。
それは、「今を生きる」ことについても同じことが言える。

レジュメ作成のため次から次、古い資料を引っ張り出して調べていたら面白くなってしまい、「チャーチズム」「煙突掃除年季奉公」「市民結社(19世紀の博愛団体を中心に)」に関して少しずつまとめた付録も作成した。
これら項目の一つひとつがまた、大きな研究テーマとなるもの。
とりわけチャーチズム(1838-58年に拡がった英国労働階級の議会改革運動)が、ロシア革命に先立ち世界最初のプロレタリア革命になりえたものであったのに、明晰な理論がなく、不適切で日和見的な指導のため、失敗に終わったという歴史学者の見解があるという記述(トムソン,D,古賀秀男ほか訳(1988)『チャーチスト』日本評論社)に、歴史って「あざなえる縄」のようだと感じ入る。

どういう時代のどういう社会に生まれ合わせた子どもか、という点もまた、ルネッサンス以降の500年を概観しただけで「あざなえる縄」としか言いようのない意外性や多様さに満ちたものであった。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【No.1409】『くんちゃんはおおいそがし』が教えてくれる「遊び」の意義




ひと雨ごとに秋が深まっていく季節。
少し早いけれど、大好きな「くんちゃん」絵本シリーズの落ち葉かきの表紙を思い出す。
『くんちゃんはおおいそがし』だ。

くんちゃんの絵本を読んでいると、「子どもってこういうものだよねえ」
「子どもの遊びってこういうものだよねえ」と思う。
そして、「子育ってこういうものだよねえ」とも。
「子どもらしさ」と信じたいものがそこにはあり、子育て時代の理想としたいものも
そこにはある。
現実を見回せば、暗澹たる現代社会にため息がよく漏れる。

朝、起き出して何もすることがないくんちゃんは、「なにをしたらいい?」と
お母さんぐまやお父さんぐまに訊く。
親に言われたいくつかを試してみて、ひと通り終わると、また「なにをしたらいい?」
とたずねる。
外遊びをすすめられたくんちゃんは、大人の注視のないところで、いろいろな遊びを思いつく。
この「注視のないところ」というのが大切。
「何やってた?」「どこにいた?」と、監視され過ぎの子も多いだろうから。
監視がないと危険も少なくない世の中だから。

おもちゃはないけど、松かさをけったり、木切れを小川に浮かべたり、川底の小石を
集め始めたり……。
系統的でなく、次から次へ目につくものと、くんちゃんは関わりを持つ。
子どもが自分の生きる世界がどうなっているのかを少しずつ把握していく様子が描かれる。
ゆったりとした時間の流れのなかで誰と競争するでもなく、自分なりのペースで
外界を自分のなかに取り込み、発達していく。「遊び」を通して……。
「遊び」に切りがないことを発見したとき、くんちゃんは自分が「おおいそがし」で
あることを知る。
そういう「育ちのとき」がどの子にも保障されることを願わずにはいられない。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1408】ペリカンと結ぶ友情『ターちゃんとペリカン』




絵本作家ドン・フリーマンと言えば、クリスマス・シーズンによく書店に並べられる
『くまのコールテンくん』でしょ。
『ダンデライオン』も『しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです』なども、楽しい作品。
こちらの公式サイトも素敵。

この『ターちゃんとペリカン』は1961年の作。古き良きアメリカ絵本の匂いがする。
どういうところが?
たとえば色合い。
たとえば大自然の中でのびのび遊ぶ子ども。
たとえばゆかいな事件が起こって、それがうまいこと解決して安心するという展開。

ペリカンというのは強烈な印象の鳥。
動物園でも人気でしょう、あの大きくて不思議なくちばしゆえ。
動物園に行ったら、子どもにぜひとも見せてあげたい動物の一つ。
……私がもう一度、若い母親であれたならば。

毎夏、家族とキャンプに訪れる海辺で待っている、友だちのようなペリカン。
ことしは魚つりに初めてトライするターちゃんに、ペリカンが鮮やかな魚とりの様子を見せてくれるけれど、
見せてくれたあとに飛んでいってしまう。
ペリカンが帰ってこないか待っているうち、潮が満ち、ながぐつが流され、
ターちゃんは魚ではなく、ながぐつを釣り上げなければならないことになる。
それで一つは釣り上げられるものの、かたっぽはどこかへ行ってしまう。

潮が引き、夕暮れがせまってきたものだから困っていると、ペリカンが目の前に現れる。
「いたいた」っていう、うれしさもあるけれど、ペリカンの大きなくちばしの中には、
さらにうれしいものがかくされている。
そして、そこでハッピーエンドというシンプルな筋なのではなく、ふたりの友情が
より一層しっかりしたものになるエピソードで結ばれる。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1407】『うみべのいす』にすわっていたい




海辺にいすが置いてあるなら、山下明生『はまべのいす』という素敵なお話もあった。
小学校国語の教科書にも取り上げられている。

こちら絵本『うみべのいす』は新進画家nakabanさんの個性的な点描画が、内田麟太郎さんの呼びかける
ファタジック・チラリズムを「てんてん、てんてん、てんてん……」と存分に拡げて応じたかっこうの一作
(言わんとすること、分かってもらえないかな、これじゃあ……)。

内田さんのテクストは、どことなく長新太のテクストみたいな味わいになってきた。
「すわっているのは だれかしら。」という繰りかえしの言葉、
「~かしら」が長さんらしい言いまわしなので、余計そんな気にさせられる。
もしかすると「長さんのことを覚えておこうよ」って意識的に使っているのかもしれないね。

海は夏に入るものだけど、登場する人物たちは長袖着用。
だから、春や秋に紹介していい気がする。
順番に出てくるネコ、クマ、男の子、見えない人、母娘……みんな海に向けられた椅子にすわって、
つまり私たちには背を向けて海を眺めている。
眺める先である沖にも、いろいろなものが順番に登場する。
ほぼそれだけの展開。

時間は朝から夜、そして翌朝まで流れていって、それだけの展開でいいから、
このいすにすわり、朝焼けか夕焼けか、かたっぽだけでいいから眺めていたいなと思う。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1406】『知の広場 図書館と自由』を欲するイタリアの教育危機




ヨーロッパと言われたらすぐに国名が挙げられるような国は、OECD(経済協力開発機構)のPISA(生徒の学習到達度調査)で多少の差はあっても、日本と同じような教育水準にあるような気がしていたが、それはどうも相当外れた認識みたい。

幼児教育や子ども学について学んでいると、イタリアの幼児教育や初等教育は伝統的に素晴らしく、お手本になるものとして語られる文脈をよく目にする。
だが、アントネッラ・アンニョリ(2011)『知の広場 図書館と自由』萱野有美訳(みすず書房)を図書館で借りてきて、ぱらぱら読んでいたら、第2章「2010年-2030年とはどのような時代か」の2節「学校の危機」に相当のことが書かれていた。

PISAでは、生徒を読解力にしたがい6つのグループに分けている。第1グループが最も低く、第5グループが最も高い。イタリアの男子で第1レベル(407.47以下)かそれ以下なのは33%、つまり全体の3分の1になる。彼らは、主としてきわめて単純な新聞記事の内容が理解できないレベルである。第4か第5レベル(552.89以上)の高い読解力があるのは、わずか17.6%で、相対的に女子の方が多い。第1レベルかそれ以下の女子生徒は19.9%、一方、第4、第5レベルに達しているのは27.7%である。イタリアの生徒の学力は、女子のおかげで最下位をまぬがれ、かろうじて平均を示していることになる。(p.67)

イタリア少年の笑顔にだまされていてはダメということだな。

学校教育を受けた若者ですら、語彙の貧困化が進んでおり、彼らの多くが文章を理解するのに困難を覚えるようになっている。つまり、そうした人は、本や新聞を読めなくなる可能性があり、何より、電気料金の請求書や通帳の残高を正確に理解できず、基本的な権利が危うくなるかもしれないのである。こうした重大な問題は、アルベルト・サラレッリが説明するように「情報化社会において、初歩的な読み書き能力は、情報そのものを消費するための大前提であり、基本的な必須事項である。近代欧米社会の経済活動は、その情報化社会の上に成り立っている」ことに起因している。
(p.68)

こういう背景があって、司書歴30年の著者は、自然と市民が集まってくるような「知の広場」づくりを目して図書館リノベーションを手がけてきたということ。
前付にカラー口絵が8ページ(証券取引場を改修したボローニャの図書館、映画館を改築した建物に食料品店や食堂などといっしょに入っているボローニャの書店ほか)、中ほどにモノクロの口絵8ページ(各国の図書館にある気の利いたスペースほか)あり。

今夏、ウンベルト・エーコ様(1991)の『論文作法』谷口勇訳(而立書房)を読み、きらびやかで確かな博識・教養を見せつけられ、「イタリアすげぇ」と感心させられたばかりであったのでショックが大きい記述だった。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【No.1405】不思議な手作り『おばさんのごちそう』




五味太郎さんの絵本は、とてもいっぱい出ていて、「さあ、五味太郎研究をやるぞ!」という覚悟の決意でもしなきゃ全部追えそうにない。

「絵本は特に子どものためのものと意識せず創作している」という話が、いくつかのインタビューで明らかにされているから、子ども向けに読むときは慎重に選ぶよう心がける。
この絵本も、最後の2見開きに絵による「オチ」が隠れているから、じっくり眺めてもらう余裕のない場では持ち出さないようにする(本当は、じっくり眺めるものが絵本だと思うけれど)。それから、「絵でわかる」という発達をしている子どもたちだという感じのある場で出す。

一つは割とすぐに気づける「オチ」。
いま一つは、しばらく考え込む「オチ」。

訪ねてくるお客さんのために、ごちそうを作るのが何よりの楽しみというおばさん。
男の子と女の子がお招きに預かり、じまんの料理作りを見ながら、おしゃべり。

小麦粉やミルク、
にんじんやレモンソース、角砂糖、
ハムにお花、
卵一つ

そんな材料を使って何が食べられるのかを当てようと、おしゃべり。
ところが、オーブンやおなべ、冷蔵庫から出てきた料理の完成品の「かたち」にびっくり。
そのせいで会食は、とてもふしぎなものとなる。
ふしぎの原因がオチの一つで明かされる。

グラフィックセンスにあふれた絵本。
表紙の飾り罫がすてき、エンボスのある用紙がすてき、そして、テクストが「おばさん」「子どもたち」のパート別と地の文それぞれに色分けされているのも凝っている。


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1404】ベッドの上ではねる『ボヨンボヨンだいおうのおはなし』




平和で豊かな国があって、人びとは楽しく暮らしているというのに、王様ひとりが超多忙。
笑うひまもなく友だちもいなくて、床に入ってもいろいろな問題が気になって眠れやしない。

ある晩、王様はベッドの柱によじのぼって飛び降りてみた。
すると、あら不思議!
ボヨーン、バヨーンとはねるたびに心配ごとが消えていく。

ところが、せっかく見つけたストレス発散法だというのに、それが大臣に見つけられ、国じゅうのうわさになっていってしまう。そして、「ベッドの上で飛びはねてはならない」という、おふれを出さなきゃいけないことになる。
再び心配ごとで眠れなくなった王様は、気の毒なことに疲れはてて病気をわずらう。

ドイツの人気作家の絵本で、邦訳は2006年に出された。扱われ方も、色も、地味な本だ。
渋い色で、何となく秋らしいから、秋のおはなし会に時々持参するものの、回数はそう読めてない。

ベッドでボヨーン、バヨーンとはねるって、思い切りできると楽しそう。
それは子どもたちによく分かってもらえる感覚だし、大人でも同様だけれど、はねている自分を夢想しているうちに、今夜もきっと疲れ切っているから、すぐに眠ってしまう。



テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

【No.1403】71人の『あのとき、この本』




『あのとき、この本』は乳幼児向け月刊絵本「こどものとも0.1.2」の折り込みふろくに2007年~2013年まで連載されていた記事をまとめたんだって……。71人が原則として1冊の絵本を取り上げ、それにまつわる思い出やご縁や体験などをエッセイにまとめている。
それだけなら、どこかでもやっていそうな企画なのだけれど、それにしても書き手は実に豪勢なのだけれど、こうの史代さんがエッセイに絡めて4コマ漫画を付けていて、それが豪勢さを一層引き立てている。

岸本佐知子さんがくんぺいさんの『びりびり』を取り上げていて、それが彼女の翻訳する「ぞくり」「シャーッ」「そんなぁ」といった世界観の小説の味わいとあまりに溶け合ってしまっていて感心する。

五味太郎さんは『きんぎょがにげた』を取り上げていて、この作家はやはり自分の作品が大好きで、それだけ自信の持てる作品作りを徹底してきた人なのだなあと確認できた気になった。

松谷みよ子さんも自作『いないいないばあ』を取り上げていて、この大大大ベストセラーの誕生秘話が書かれているのを興味深く読む。今でこそ定着した「赤ちゃん」絵本、おまけに全国的広がりを見せるブックスタート事業もあるが、その嚆矢は、「赤ちゃんに絵本を見せるなんて!」と批判的に受け止める人も多かったやに聞いている。

なだいなださんの『ふしぎなえ』『ABCの絵本』をめぐるエピソードは、ものすごく面白い。安野光雅さんの名字の欧文表記を見て外国人作家だと勘違いし、出張先からおみやげに持ち帰ったという。

外国人作家と間違えられた当の安野光雅さんは自作『旅の絵本Ⅳ』を挙げながらも、エッセイではこの絵本の取材中に訪ねたターシャ・テューダーの家と、そこで交わした会話のことを書いている。安野さんはエッセイの名手でもある。

複数の人が長新太、林明子、かこさとし、バーニンガム作品を挙げている。
書き手にも、取り上げられた作品の作家にも、お会いしたり電話で話をしたことがあったりという方がいて、以前、少しだけ絵本に関わる仕事をしていたことが夢のように思い出された。
僭越ながら、その記憶と、この本に収められたいろいろな人たちの思いが、遠い緑の国を吹きわたる風の中にいるように混ざり合ってしまったのだ。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【No.1402】初秋の夜のなぐさみに




久しぶりに手に取った『九月姫とウグイス』は、やはり私を裏切らない美しい絵本だ。

(1)有名な作家サマセット・モームがお話を書いていること
(2)タイの王様にはじめ2人のお姫さまができて、「夜」と「ひる」と名づけたという書き出し部分にぐいと引き込まれること
(3)武井武雄の絵が何ともしゃれていること

などにしみじみ感じ入る。

かわいがっていたウグイスが空へと飛んでいってしまうと、お姫さまは泣き出す。
そこに書かれた文章が、さすがモームだと思わせられるのだが、どうだろう。

――じぶんのしあわせよりも、じぶんのすきなひとのしあわせを、だいいちにかんがえるのは、とても、むずかしいことだからです。


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。