スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【No.1381】『雲をつかむ話』への親しみ




多和田葉子『雲をつかむ話』がかな~り面白かった。日常世界の延長線上にある不思議であやしげな世界が書かれた、ミステリめいた小説だった。
「日常世界の延長線上」というのは、どこか分かった風な表現であいまいだ。これは、誰にでもある勘違いや早とちり、妄想や被害者意識、思い込みといった頭の中の世界のこととして私は考えている。それらが、あと少しだけ過剰になってしまうと、人格に破綻をきたす。「狂った世界」「こわれた世界」の一歩手前あたりなのだが、実は、そのあたりが一番くせもので怖いんじゃないかとつねづね感じている。

自分の意識の中の勘違いや妄想、思い込みもさることながら、各種人間関係の中で、ふいに誰かがあらわにするバイアスがかった内面世界に対し、不安や困惑、果ては恐怖さえ感じ取ることがある。それは、おそらく誰しも時々感じることではないか。
リアルに私と過ごしたことのある人なら、かなりひんぱんに感じているのではないかと気の毒にもなってくる。
バイアスがかった意識、ふつうから少しずれた意識が呼び起こされるのは、作家が「芋づる式」ではなく作中で「雲蔓(くもづる)式」と表現する思索のあり方による。目の前に見えているものだけを書きとどめようとしても、過去がずるずると引き出されてきて、それが止められない。そういう意識の働きに身をあずけ、「犯人」について書き連ねていった小説なのだ。

語り手はドイツで暮らす日本人作家で、作家その人を思わせる。その人物が、これまでに出会った犯人のことをいろいろと思い起こしたり、夢を見たり、旅をしたり、人に会ったりする。「犯人」の人となりや行動が奇妙で印象深いし、いろいろな犯人が描かれていった後で、終わりがどうしめくくられるのかに引きずられていく。面白さは、そういうところにある。

『雲をつかむ話』は読売文学賞に選ばれた。日本の小説として高い評価を得たわけだが、作家はドイツにもう30年近くも暮らし、日本語とドイツ語で創作をする特異な人。彼女の名と作品はヨーロッパでよく知られ、それはどうも村上春樹をしのぐ勢いらしい。
そんな経歴や評判もあり、文学の世界では亡命作家や、亡命以外の理由により母語でない言語で創作をする作家の列に連なり、「世界文学」「越境文学」といった位置づけをされる。
文学論はさて置き読んでいくなら、ドイツが主な舞台だから外国人の名が出てきて、外国の地名が出てくるものだから翻訳小説っぽいのだけれど、それにしては妙に翻訳が自然な日本語ではないかと時々、思ったりする。美文というのとは少し違うかもしれないけど、ずいぶんこなれた日本語じゃないか、などと考えるのである。しかし、日本語を母語とする人が書いたのだから当たり前である。
「世界文学」「越境文学」と言うより、味わいは、そういうくくりが出てくる前の時代によく言われた「無国籍風」である。カフカや安部公房みたい。

雲蔓式で私の頭に去来したのは、森忠明という児童文学作家(寺山修司に大切にされた人)が、彼の「マコンド」(ガルシア・マルケスの小説舞台)「ヨクナパトーファ」(フォークナーの小説舞台)「高密県」(莫言の小説舞台)である立川、基地があった頃の立川を描いた一連の童話の中で、昭和によく見かけられた看板について書いた部分。さし絵で表現されていたようにも覚えているが、「スグソコ」という表示だ。
矢印と共に、質屋やら病院やらの場所を示すのに、「すぐそこにある」という意味の道案内が、看板の隅に書かれていることがあった。
多和田葉子の書く小説が、ボーダーを越えて作られ評価されていくものなのか、ボーダーを無として諸国の読者の手に届けられていくものなのか、広がり方は、いざ読む者にとっては、どうでも良いことのようにも思える。
日常を問題なく、つつがなく暮らしていくためのふつうの意識からの「スグソコ」、「狂った世界」「こわれた世界」のすぐ手前――マコンドやヨクナパトーファ、高密県のように存在する場所に、彼女の小説の領土があるとするなら、それは何やら、とても親しみ深く私には感じられるのである。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

【No.1380】梅園のアサイラム・ピース

きのうから、地元世田谷の羽根木公園で「梅まつり」が始まっている。この公園のあるあたりは、昔「根津山」と呼ばれていて、日当たりの良い丘には、すでに一万年以上前、縄文人が住みついていたのだ。梅林は、行楽地とするために植林されたものである(調べてみたら昭和42年からのことだそう)。

多摩川の河岸段丘の連なる地形は「国分寺崖線」と言われ、あちらこちらに湧水がある。崖線の特徴、つまりそれが武蔵野台地を形成していることは、小田急線梅ヶ丘駅の方向から羽根木公園を見上げれば確認できる。
国分寺崖線は「はけ」とも呼ばれ、はけを舞台にした小説として有名なのが大岡昇平『武蔵野夫人』だ。フランス文学者だった大岡が、『ボヴァリー夫人』を意識して書いた戦後日本文学の代表作である。

話をそちらの方に持っていっても良いが、文学は文学通や専門家にまかせておいて、私は、何で根津山はじめ世田谷に縄文人が多く住んでいたのかを知ったかぶりでお教えすることにしよう。
縄文人は、多摩川に水を求めて集まってくる動物たちをねらって暮らしていたのである。つまり、このあたりは、縄文人の良い狩場であったのだ。
(3)25年梅花(1)25年梅花
(5)25年梅花
梅園はまだ早咲きのものが4分の1くらい見られる感じ。これから雪の降る日もあるという話だから、あと10日ばかり経ってからの方が花見は楽しめるのだろう。

西日はもう傾きかけ、人波が引いた後の梅園の方が物思う者には有難い。
家族連れ、友だち連れではなく、ひとりきりで散歩する年配者が目立つのも、この時間帯である。
『武蔵野夫人』ではなく、アンナ・カヴァン『アサイラム・ピース』(山田和子・訳/国書刊行会)から以下を引用。

その狭い緑の空間には三本の樹がある。クルミとサクラ、そして、もう一本の私のお気に入りのほっそりした樹はプラムの一種で、いつだったか、誰かにシベリアスモモだと聞かされたような気がするが、正確な名前は知らない。人生に背を向けられた時、人はシンプルな事物にささやかな慰めを求めるようになるという。(P45-46)

「最近は桜より梅が好きかもしれない」と思う私の傍らに、カヴァンの思索がひっそりと寄り添っていた気がする。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

中村びわ

Author:中村びわ
2004年から2011年まで書いてきた
「本のシャワーにさらす肌」
http://biwa.blogtribe.org/を、
こちらに引き継ぎます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。